【WordPress】サイトスピードをあげた方法|41→83

【ブログ】サイトスピードを上げる方法ライフスタイル
スポンサーリンク

なにをしてもサイトスピードが上がらなかった。

サイトスピードを上げることを諦めている。

こんな悩みにお答えしています。

うーな
うーな

うーなです!

現在は、オーストラリアのゴールドコーストに住んでいます。

当ブログは、わたしの体験やリサーチを元に記事にしています。

➤ プロフィール

無料テーマcocoonを使っていますが、ほかのテーマ使用の方も試してみてください。

使用していないJava Scriptをプラグインを使って、ページスピードを上げます。

キャッシュ系のプラグインは使用していません。

(Cocoonは、設定で高速化できるため)

わたしは問題ありませんが、この方法で不備が出たらプラグインを停止してくださいね。

サイトスピードをあげた方法|不要なJava Scriptをなんとかする

Googleさんの使ってないJavaScriptを、なんとかしましょう。

  1. プラグインFlying Scripts by WP Speed Matters
  2. PageSpeed insightsで、ページスピードを測定
  3. 「使用していないJavaScript」を開く
  4. 「js」を見つけたら「/」の後ろからコピーする
  5. Flying Scripts by WP Speed Mattersを開く
  6. Save Changesdeで終わり。

同じようなJava Scriptのプラグインが入っていないか必ずチェックしてください。

もしプラグインが入っていて「Js」の項目にチェックが入っていたら外してください。

ダブルと余計に遅くなったり、動作に不備が出ます。

プラグインFlying Scripts by WP Speed Matters

プラグインFlying Scripts by WP Speed Mattersをダウンロードして、有効化します。

Flying script plugin

WordPressのプラグインから、新規追加して有効化しておいてくださいね。

PageSpeed insightsで、ページスピードを測定

ページスピード41

使用前のわたしのページスピードは41!!

「使用していないJavaScript」を開く

「使用していないJavaScript」

測定画面から「使用していないJavaScript」を開く。

「js」を見つけたら「/」の後ろから「Js」までをコピー

こんな感じで入力してください。

例:

show_ads_impl_fy2019.js
adsbygoogle.js
webfont.js
main.js
analytics.js
pinit.js
gtag/js
min.js➤フッターのトップへ戻るが反応しなくなる可能性があります。
api.js
en.js

ページ一番下の最後のほうまで、くまなくチェックして探してね。

ページ下の方にも隠れているので、頑張ってみつけましょう。

Flying Scripts by WP Speed Mattersを開く

Flying script

WordPressの設定から、Flying Scripts by WP Speed Mattersを開いて「/から後のjs」をひとつずつ張り付ける。

Save Changes

「js」を全て貼り終えたら、一番下の「Save Changes」を押して終了です。

お疲れ様でした。

ページスピード83

Cocoonでもページスピードは、凄く上がりました。

注意

なにか問題が起きたら、プラグインを停止してください。

なにか不備が起きたらひとつずつ貼りなおして確認してください。

この方法で、アドセンス広告表示が遅れます。

また、離脱する時間があまりに早いと、アナリティクスに拾ってもらえない可能性があります。

サイトスピードをあげた方法 ②|画像

わたしは、Canvaで画像を作っています。

  1. 作った画像をダウンロードする。
  2. Tiny Pingで画像を圧縮する。
  3. EWWW Image Optimizerでさらに圧縮。

Tiny Pingで画像を圧縮

Ping and Jpeg
TinyPing

TinyPNGで画像を先に圧縮しておきます。

圧縮した画像をさらにダウンロードして、記事内に張り付けましょう。

プラグインEWWW Image Optimizerでさらに圧縮

プラグインEWWW Image Optimizerをダウンロードして、有効化しておきましょう。

WordPressの「メディア」をチェックして「最適化」しましょう。

ふたつする理由は、Ikuzoさんの記事で詳しく書かれていたので、貼っておきます。

補足(2021/8/22)

EWWW Image OptimizerとFlying Scriptsの相性が合わない可能性がありました。

Java Scriptの遅延が反映されない場合、EWWW Image Optimizerを無効化する必要があります。

はろさんが教えてくれたプラグインWebP Converterで、次世代フォーマットに変換できる!

軽いらしい。

サイトスピードを上げる方法|まとめ

「使用していないJavaScript」をどうにかする方法はこちら。

  1. プラグインFlying Scripts by WP Speed Matters
  2. PageSpeed insightsで、ページスピードを測定
  3. 「使用していないJavaScript」を開く
  4. 「js」を見つけたら「/」の後ろからコピーする
  5. Flying Scripts by WP Speed Mattersを開く
  6. Save Changesdeで終わり。

作成した画像の圧縮方法はこちら。

  1. 作った画像をダウンロードする。
  2. Tiny Pingで画像を圧縮する。
  3. EWWW Image Optimizerでさらに圧縮。
注意

なにか問題が起きたら、プラグインを停止してください。

この方法で、アドセンス広告表示が遅れます。

また、離脱する時間があまりに早いと、アナリティクスに拾ってもらえない可能性があります。

ブログ村に参加しています。

この記事が役にたったと思ったら「ポチっ」 と応援よろしくお願いします。

|ポチっと|

にほんブログ村 にほんブログ村へ

最後まで読んでくれてありがとうございました。

うーなでした。

タイトルとURLをコピーしました