マクドナルド英語で注文する流れとフレーズ|海外在住者が教えます

マクドナルド英語で注文の仕方英会話
スポンサーリンク

マクドナルドで英語で注文を取る時のフレーズが知りたい。

日本のマクドナルドとの違いはあるの?

こーんな悩みにお答えしています。

この記事でわかること
  • 英語と日本語の注文の違い
  • オーストラリアのマクドナルド
  • マクドナルドで英語で注文してみよう。
うーな
うーな

うーなです!

現在は、オーストラリアのゴールドコーストに住んでいます。

当ブログは、わたしの体験やリサーチを元に記事にしています。

➤ プロフィール

マクドナルドってたまに無償に食べたくなりますよね。

海外に行ってまで食べるなんてあり得ないと、思っていませんか?

あり得ないと思っているあなた。

うーな
うーな

損をしているかも??

実は、世界規模で展開されているマクドナルドは、国によって販売されている商品が違います。

この記事を読めば、英語でマクドナルドの商品を注文できるようになります。

また、わたしの住むオーストラリアのマクドナルドのメニューを紹介しています。

サクッと3分程で読めるので、ぜひ参考にしてみてください。

オンライン英会話を比較しよう!

数あるオンライン英会話どれが自分に合ってるだろうと思いませんか?

ネイティブからレッスンを受けることもできるオンライン英会話を厳選しました。

「英会話」は話して上達していきます。

ぜひ、比較してみてください。

➤目的別で分かる!あなたに合うオンライン英会話はどれ?

マクドナルド|英語と日本語で頼み方の違い

日本のマクドナルドと、海外のマクドナルドでは、注文の仕方が変わってきます。

ここでは、オーストラリア、アメリカ、日本の3つの国を比較しながら紹介していきます。

同じ英語圏でも注文の仕方が変わるのが面白いですよ。

マクドナルドの言い方

世界中「I’m loving it」でお馴染みのマクドナルドです。

英語表記では「Macdonald’s」と書きます。

アメリカ(US)
オーストラリア(AUS)
日本(JAP)のそれぞれの言い方はこちら。

  • US:マックダーノーズ(Macdonald’s)
  • AUS:マッカス(Maccas)
  • JAP:マック/マクド

サイズとポテトフライの言い方

ドリンクのサイズや、ポテトフライのサイズは「S・M・L」では伝わりません。

UNA
UNA

Pardon???

(なに言ってるの?)

サイズの言い方はUSとAUSどちらも同じ

  • S…スモール(Small)
  • M…ミディアム(Midiam)
  • L…ラージ(Large)

ポテトフライの言い方は注意が必要。

アメリカ(US)オーストラリア(AUS)日本(JAP)のそれぞれの言い方はこちら。

  • US:フレンチフライズ(French fries)
  • AUS:チップス(Chips)
  • JAP:ポテトフライ

ちなみに、英語圏でのポテトフライというと、まんまポテトと捉えられてしまいます。

セットメニューの言い方

ハンバーガーのセットや、ハッピーセットなど、セットメニューを注文することの方が多いですよね。

しかし「○○セット」は、英語圏のMacdonald’sでは通用しません。

UNA
UNA

Pardon???

(なに言ってるの?セット?)

となりますので、注意してください。

アメリカ(US)オーストラリア(AUS)日本(JAP)のそれぞれの言い方はこちら。

  • US:コンボ(Combo)
    • Big Mac Combo
  • AUS:ミール(Meal)
    • Big Mac Meal
  • JAP:セット
    • ビッグマックセット

同じセットメニューを2つ以上注文する時は、”s”がつきます。

Two cheeseburger meals”, please.

持ち帰りか店内か

注文の最後に必ず聞かれるでしょう。

アメリカ(US)オーストラリア(AUS)日本(JAP)のそれぞれの言い方はこちら。

  • US:ハブヒア ォア トゥ ゴー?(Have here or to go?)
  • AUS:ハブヒア ォア テイクアウェイ?(Have here or take away?)
  • JAP:店内でお召し上がりですか?

店内の場合の答え方:

「Have here, please」

お持ち帰りの場合の答え方:

「To go, please/ Take away, please」

「~Please.」を最後に言うことで丁寧語になります。

|格安でワーホリ行くなら|

マクドナルドで英語で注文しよう!

マクドナルド注文の流れ
  • ステップ①
    What can I get for you?
  • ステップ②
    What size would you like?
  • ステップ③
    Have here or take away?
  • ステップ④
    Anything else?
  • ステップ⑤
    Your total is going to be $○○

それでは、マクドナルドで英語で注文していきましょう。

ここでは、オーストラリア限定のアンガスバーガーのLサイズのセットと、ビックマックスペシャルソースを追加で注文していきます。

ソースはポテトに合うんです。

What can I get for you?

マクドナルドのスタッフから、注文は決まったか聞かれます。

オーストラリアの人はフレンドリーなので「How are you?」と聞かれることも多いです。

UNA
UNA

What can I get for you?

(注文は決まりましたか?)

”P”
”P”

Hi, can I have an Angus burger and a Big Mac special source, please.

(アンガスバーガーのセットとビックマックスペシャルソースください。)

ほかの「~ください」の言い方。

  • Can I have ~
  • Can I get ~
  • May I have (get)~
  • Could I have (get)~ 
  • I would like to have (get)~

What size would you like?

UNA
UNA

What size would you like?

(どのサイズがいいですか?)

マクドナルド<br>と言えばの方
マクドナルド
と言えばの方

I would like to have large, please.

(ラージサイズでお願いします。)

海外のドリンクは大きいイメージがありました。

しかし、オーストラリアで提供しているドリンクのサイズは日本とほぼ同じ大きさでした。

Have here or take away?

UNA
UNA

Have here or take away?

(店内でお召し上がりですか?持ち帰りですか?)

French fries<br>
French fries

Have here, please.

(店内でお願いします。)

アメリカでは?

For here or to go?と聞かれるのが一般的です。

オーストラリアでは「To go」は、全く聞くことはありません。

Anything else?

UNA
UNA

Anything else?

(ほかに注文はありますか?)

Chips
Chips

That’s all, thanks.

(以上です。)

あっ、ピクルス抜いて欲しいことを言うの忘れていた!!

そんな時は「Actually~」で「やっぱり~」という意味になります。

~抜きで

~抜き:Without/With no

日本では<br>ポテトフライ
日本では
ポテトフライ

Actually, without pickles please, thanks.

(やっぱりピクルス抜いてください。)

ピクルス抜きを注文することができました。

お野菜もっと入れてほしくなりますよね?

追加で~
  • 入ってないものを追加して欲しい時:With
    • A hamburger with cheese, please.
  • 入っているものを追加して欲しい時:With extra
    • A hamburger with extratomato, please.
A cap is on<br>A CHIP
A cap is on
A CHIP

Oh actually, with extra lettuce please, thanks.

(あっ、やっぱりレタスをもっと入れてください。)

もう一度「Anything else?」と聞かれるので「No, thank you」と答えましょう。

マクドナルドだけでなく、英語圏の店員さんはお勧め上手な人が多い。

新商品や季節限定の商品など、ガツガツ勧めてきます。

「YES」と答えてしまったら追加されてしまいます。

「No, thank you」と答えるようにしましょう。

Your total is going to be $○○

UNA
UNA

Your total is going to be $17.15, please.

Pay by card?

(合計で17ドル15セントです)

(カードお支払いですか?)

My name is <br>ポテちゃん
My name is
ポテちゃん

Yeah, please.

(はい、お願いします。)

注文が終わったら、スタッフから、番号のついたレシートが渡されます。

自分の番号が呼ばれるまで、ちゃんとレシートをキープしておきましょう。

UNA
UNA

1,612!!(One-six-one-two!!)

あだ名は <br>ポてたん
あだ名は
ポてたん

Thank you.

(ありがとうございます。)

今回オーストラリアのマクドナルドで無事に商品を購入できたのは、ポテたんこと「ポテちゃん」

雑記ブログを運営しており、コストコ商品のレビューや、ハハハハハと大爆笑出来る記事が盛りだくさんです。

首長族ポテちゃんの暮らし

マクドナルド英語で注文|オーストラリアのマッカスメニュー

日本のマクドナルドにはないメニュー

オーストラリアのマクドナルドにあって、日本のマクドナルドにないものはこちら。

  • アンガスバーガー
  • チキンラップサンド
  • フローズンコーラとファンタ
  • 期間限定の商品など。

オージービーフのアンガスバーガーは、セットで頼んでも$10程で購入できる手軽さ!

ジューシーでなかなか美味しかったです。

暑いオーストラリアの夏には、フローズンシリーズが大人気です。

$1から注文できる嬉しさ。

Maccas frozen menu

逆に日本にあって、オーストラリアにないものは、テリヤキバーガーや月見バーガー。

冬季限定のグラコロなどは、オーストラリアでは食べることはできません。 

カフェメニューが豊富

Maccas café menu

オーストラリアのマクドナルドは、カフェメニューがびっくりするほど豊富です。

ケーキもマフィンだけではなく、ドーナツやチーズケーキ、また、グルテンフリーのケーキまであります。

マクドナルドなのに、健康志向。

ちょっと矛盾していて、面白いですね。

Maccas café drink menu

カフェドリンクのメニューも豊富です。

コーヒー大国オーストラリアなので、あって当然と言ったところでしょうか。

エスプレッソマシンを使って本格的にコーヒーを淹れてくれるので、味も悪くありません。

カフェメニューを注文したい人は、こちらの記事を参考にしてください。

コーヒーの豊富な種類も紹介しています。

➤カフェで役立つ英語のフレーズ

ソースの種類が豊富

日本でナゲットを頼むと、選べるソースは「バーベキューソース」「マスタードソース」の2種類しかありませんよね。 

オーストラリアではその倍の倍!!

ソースの種類だけで8種類あります。(ケッチャプは除く)

  1. ビックマックスペシャルソース
  2. スィートサワーソース
  3. バーベキューソース
  4. スィートマスタードソース
  5. ガーリックマヨ
  6. アイオリソース
  7. マックチキンソース
  8. タルタルソース
Maccas sauce menu

わたしのおすすめは2つ!

「ビックマックスペシャルソース」

「スィートサワーソース」

わたしのパートナー(オーストラリア人)に、

うーな
うーな

日本には、ビックマックスペシャルソースないんだよー。

と伝えると、

「NO WAAAAAAY!!!!!!!」

(信じられない!!!!)

オーストラリア人からすると、あり得ないらしいです。

ここで紹介したオーストラリアのマクドナルドのメニューはほんの一部です。

ぜひ、公式サイトでメニューをご覧くださいね。

参照-Menu | McDonald’s Australia (mcdonalds.com.au)

“続けるため”の オンライン英語コーチ「スピークバディ パーソナルコーチング」

マクドナルドで英語で注文しよう!|まとめ

I'm loving it
みんな大好きチップス!!

日本での頼み方と、英語での頼み方は多少変わります。

いちばん違うのが、セットメニューとサイズの言い方。

セットメニューとサイズの言い方
  1. セットメニュー
    • 英語:Meal(オーストラリア)
    • Combo(アメリカ)
  2. サイズ
    • S:Small(スモール)
    • M:Midiam(ミディアム)
    • L:Large(ラージ)

オーストラリアのマクドナルドは「Maccas(マッカス)」と呼びます。

オージービーフのハンバーガーが手頃な値段で食べれます。

また、日本にはないマッカスメニューを堪能してください。

注文の流れ
  1. レジで食べたいものを言う
  2. サイズを言う
  3. 追加で頼むものがあればお願いする
  4. スタッフから、色々勧められる(No, thank you)
  5. お会計

ここまで色々注文の仕方を説明してきました。

が、オーストラリアのマクドナルドには、タッチパネルが設置されており、セルフオーダーが可能です。(カード払いのみ)

英語に自信がない、メニューをじっくり見たいという人はぜひ活用してくださいね。

 ポてたん
ポてたん

日本のポテトとオーストラリアのポテトの味は一緒ですか!!?

安心してください!

安定のマクドナルドのポテトの味です!!

ブログ村に参加しています。

この記事が役にたったと思ったら「ポチっ」 と応援よろしくお願いします。

|ポチっと|

にほんブログ村 にほんブログ村へ

最後まで読んでくれてありがとうございました。

うーなでした。

“続けるため”の オンライン英語コーチ「スピークバディ パーソナルコーチング」
タイトルとURLをコピーしました