カフェで英語で注文|フレーズと会話の例文を英語歴10年が教えます

カフェで英語で注文しよう!英会話
スポンサーリンク

カフェでコーヒーをちゃんと注文できるか不安。

英語で注文するときに、よく聞かれることと言うことを知りたい。

こんな悩みにお答えしています。

この記事でわかること
  • オーストラリアのカフェ事情
  • コーヒーの種類と名前
  • 英語でコーヒーの注文の仕方
うーな
うーな

うーなです!

現在は、オーストラリアのゴールドコーストに住んでいます。

当ブログは、わたしの体験やリサーチを元に記事にしています。

➤ プロフィール

オーストラリア英語に慣れていなかったこともあり、聞き取りにはかなり苦労したことがあります。

コーヒーを買うのも最初は一苦労でした。

この記事を読めば「カフェで注文する時、何を言えばいいか?何を聞かれるか?」理解することができるでしょう。

サクッと3分で読めるので、ぜひ最後までお付き合いください。

オンライン英会話を比較しよう!

数あるオンライン英会話どれが自分に合ってるだろうと思いませんか?

ネイティブからレッスンを受けることもできるオンライン英会話を厳選しました。

「英会話」は話して上達していきます。

ぜひ、比較してみてください。

➤目的別で分かる!あなたに合うオンライン英会話はどれ?

イラスト提供元 –https://marotime.me/

カフェで英語で注文|オーストラリアのカフェ事情

オーストラリアのカフェ
おしゃれなカフェ

最初に、わたしの住むオーストラリアのカフェ事情を紹介します。

実は、オーストラリアはコーヒー大国です。

どこのカフェを選んでも外れがほぼない。

しかも、店内はおしゃれで可愛い。映え。

バリスタ、スタッフもみんな明るくてフレンドリーなのが特徴で、おしゃべり大好き

スタッフ<br>Una
スタッフ
Una

Where are you coming from?


(どこから来たの?)

会話のコミュニケーションをとるのが、とってもお上手。

わたしが初めてオーストラリアのカフェで注文をするとき、メニューが分かりませんでした。

うーな<br>
うーな

What differences between Latte and Cappuccino?


(ラテとカプチーノの違いはなに?)

スタッフ<br>Una
スタッフ
Una

Latte and cappuccino are the same style of coffee.

Cappuccino have chocolate powder on top.


(ラテもカプチーノも同じだよ。
カプチーノはチョコレートパウダーがのっているよ。)

ほかにも、牛乳の種類が豊富とか、店内でのサイズは「カップ」「マグ」かとか。

たくさん質問したのに、笑顔で答えてくれるスタッフの人が天使に見えました。

だから、怖がらずにオーストラリアのカフェで注文しても大丈夫です。

また、珈琲豆を販売しているカフェが多いので、気に入ったカフェの珈琲豆を購入して家で飲むこともできます。

|格安でワーホリ行くなら|

カフェで英語で注文|コーヒーとミルクの種類

オーストラリアのカフェで頼むコーヒーの種類は豊富です。

日本でよく見る「アメリカンコーヒー」はメニューの中にはありません。

オーストラリアのカフェのコーヒーの種類はこちらです。

コーヒーの種類INオーストラリア
  • エスプレッソ
  • ダブルエスプレッソ
  • ロングブラック
  • マキアート
  • ラテ
  • フラットホワイト
  • カプチーノ
  • モカ
コーヒーの種類INオーストラリア
コーヒーの種類INオーストラリア

図で見ると分かりやすくなりますね。

アメリカンコーヒーが飲みたい時は『ロングブラック』を注文しましょう。

『ラテ』には、泡立てたミルクを乗せるのが特徴。

『カプチーノ』は、ラテにチョコレートパウダーをトッピングしたコーヒーです。

泡出てたミルクは要らないけど、暖かいミルクが欲しい人は『フラットホワイト』がおすすめ。

また、ミルクの種類も豊富です。

プラス50セントから変更が可能です。

ミルクの種類種類
  • ラクトーゼフリーミルク
  • スキムミルク
  • ソイミルク
  • アーモンドミルク
  • ライスミルク、など。

ラクトーゼフリーのミルクは、牛乳を飲むとお腹痛くなる人が飲めるミルクです。

ほかにも、カフェインが入っていないコーヒーを置いているカフェもあるので、必要なら質問しましょう。

うーな<br>
うーな

Do you have caffeine free coffee?


(カフェインフリーのコーヒーある?)

参照‐ Guide To Ordering Coffee in Australia With Coffee Decoder

スタディサプリENGLISH(新日常英会話コース)

カフェで英語で注文|注文の流れと使える英語のフレーズ

オーストラリアのカフェでは基本、お持ち帰りでも、店内でも、レジで注文をします。

先ほども述べた通り、オーストラリア人は超がつくほどフレンドリー。

レジでは必ずこう聞かれます。

スタッフ<br>Una
スタッフ
Una

Hi, How’s it going?


(げんきー?)

オーストラリアでは「How’s it going?」で溢れています。

意味は「How are you?」と一緒です。

答え方
  • Not bad.
  • I’m doing great.
  • Good.
  • Pretty good. など。
コーヒー<br>買いたい人
コーヒー
買いたい人

Yeah, good thanks.


(元気ですよ、ありがとう)

How about you?(あなたはどう?)と、続けて聞いてもオッケー。

あとは、スタッフの質問に答えていきましょう。

スタッフ<br>Una
スタッフ
Una

What can I get for you?


(注文決まった?)

コーヒー<br>決まった人
コーヒー
決まった人

Can I get a soy cappuccino, please.


(豆乳のカプチーノください。)

この時、砂糖をいれて欲しければ伝えたほうが無難です。

「Any sugar?」(砂糖いる?)

聞かれないことのほうが多い気がするので。

砂糖を入れて欲しい時は、withを使います。

砂糖<br>欲しい人
砂糖
欲しい人

With one sugar, please.


(砂糖を一杯入れてください。)

店内か持ち帰りどっち?

スタッフ<br>Una
スタッフ
Una

Have here or take away?


(店内ですか?それともお持ち帰り?)

持ち帰り<br>したい人
持ち帰り
したい人

Take away, please.

(お持ちかえりでお願いします。)

オーストラリアの持ち帰りで使われる英語は「Take away」です。

「Take out」でも通じると思いますが、現地の人は使わないのでご注意を。

コーヒーのサイズ

スタッフ<br>Una
スタッフ
Una

What size do you want?

(サイズは?)

オーストラリアのお持ち帰り用のサイズは、日本と同じような感じです。

  • 「Small」(1番小さいサイズ)
  • 「Medium」(真ん中のサイズ)
  • 「Large」(1番大きいサイズ)
めっちゃ<br>飲む人
めっちゃ
飲む人

Large, please.

(1番大きいサイズでお願いします。)

店内でコーヒーを飲む時はだいたいのカフェが、カップかマグです。

カフェによって違いますが、だいたいの容量はこんな感じです。

  • 「Cup」(だいたい160ML)
  • 「Mug」(だいたい300ML)

ほかに注文はありますか?

スタッフ<br>Una
スタッフ
Una

Anything else?

(ほかに注文はある?)

ほかに頼むものがなければここで注文はおしまいです。

注文がもうないので「No」または「That’s all」などと答えましょう。

「Thank you」を忘れずに!

めっちゃ<br>飲む人
めっちゃ
飲む人

No, thank you.

(1番大きいサイズでお願いします。)

お会計は?

スタッフ<br>Una
スタッフ
Una

$6,Thank you.

Pay by card or cash?

(6ドルです、ありがとうございます)

(支払いは、カードですか、現金ですか?)

オーストラリアはキャッシュレスの国で、支払いは基本なんでもカードです。

大きいお金しか持ち合わせがない時は、くずしておきましょう。

($50以上は大きいので注意)

払えた人
払えた人

Cash, please.

(現金でお願いします。)

忙しくて、名前を聞かれるカフェもあります。

日本人の名前は聞き取りが難しいので、自分の名前のスペルを覚えておきましょう。

スタッフ<br>Una
スタッフ
Una

What’s your name?

(名前は?)

P・A・P・P・Y
P・A・P・P・Y

パピー!

P・A・P・P・Y

(パピーです。)

あとは、自分の名前が呼ばれるのを待つだけです。

名前を聞かれなければ、オーダーしたコーヒーの名前をスタッフが叫びます。

何を注文したか忘れないようにしましょう。

パピーちゃん
パピーちゃん

Thank you, Have a good day.

(ありがとう、良い1日を)

コーヒーを受け取ったら「Thank you」を忘れずに伝えましょう。

今回オーストラリアのカフェでコーヒーを注文してくれたのは、パピちゃんこと「クッキングパピーさん」

愛妻家のお料理上手なパピーちゃんは、アレンジレシピをブログで紹介しています。

スタッフUnaと、クッキングパピーさんの吹き出しのイラストは、さとること「さとる」の作品。

イラストレーターとブロガーです。

カフェで英語で注文|まとめ

オーストラリアの人はとてもフレンドリーなので、多少英語が理解できなくてもゆっくり説明してくれます。

コーヒーの種類を覚えておくと注文をするとき楽ですよ。

コーヒーの種類
  • エスプレッソ
  • ダブルエスプレッソ
  • ロングブラック
  • マキアート
  • ラテ
  • フラットホワイト
  • カプチーノ
  • モカ

通常のミルクではなく、ほかの種類のミルクに変更したい人は、ミルクの種類も覚えておきましょう。

ミルクの種類種類
  • ラクトーゼフリーミルク
  • スキムミルク
  • ソイミルク
  • アーモンドミルク
  • ライスミルク、など。

注文の流れとしては、レジで飲みたいコーヒーをオーダーします。

スタッフの諮問に答えていきましょう。

パピー
パピー

Can I get a soy cappuccino, please.

(豆乳のカプチーノください。)

パピーのように「~Please.」は、相手を思った言い方です。

忘れないようにしましょう。

ブログ村に参加しています。

この記事が役にたったと思ったら「ポチっ」 と応援よろしくお願いします。

|ポチっと|

にほんブログ村 にほんブログ村へ

最後まで読んでくれてありがとうございました。

うーなでした。

➤デザインで使える英語

|格安でワーホリ行くなら|

タイトルとURLをコピーしました