【体験談】瞑想を1年続けた結果はなりたい自分になれた|効果とやり方

【体験談】 瞑想のやり方と効果ライフスタイル
スポンサーリンク

瞑想ってなんか胡散臭いけど、毎日続けるとどんな効果があるの?

瞑想の仕方っていろいろあるけど、どれがいいやり方なの?

こんな瞑想に関しての疑問にお答えします。

この記事でわかること
  • 効果的な瞑想のやり方
  • 瞑想から得られた効果(厳選5つ)
うーな
うーな

うーなです!

現在は、オーストラリアのゴールドコーストに住んでいます。

当ブログは、わたしの体験やリサーチを元に記事にしています。

➤うーなのプロフィール

➤ヨガの体験談はこちらから

瞑想…怪しいですよね。

わたしも怪しいと思って疑ってました。

始めてみると分かるんですが、控えめに言って得られる効果が半端ないです。

この記事を読むと、たった15分の瞑想で得られる効果が分かります。

3分で読める体験談です。

ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

イラスト提供元 –https://marotime.me/

瞑想を1年続けた効果|瞑想の効果的なやり方

瞑想の効果的なやり方
英:Meditation

インターネットで瞑想の仕方で調べると、いろいろなやり方が出てきます。

どれが正しくて、どれがだめか、ということではないと思います。

「自分に合ったやり方を見つける」ことが重要なのかな、と。

なぜかというと、瞑想は毎日続けてこそ効果が期待できるからです。

無理していきなり、

よーし、毎日30分やるぞー。

と決めたところで、3日と持たないでしょう。

最初は10分ですら永遠に感じます。

これから瞑想を始めようかなー、と思ってる方へ。

わたしがおすすめする瞑想のやり方がこちらです。

  • 基本の瞑想のやり方でやってみる
  • 15分程度を目標に設定してみる
  • 瞑想を始めた目的を明確にする。

家の中でできます。

ポイントは「静かな環境を作ること」

基本の瞑想の仕方

基本の瞑想の仕方を、5つの順番でまとめてみました。

基本の瞑想の仕方
  • Step①

    静かな場所をつくる
    • テレビは消す、スマホの電源を落とすなど
  • Step②
    ヨガマットにあぐらをかいて座る
    • 椅子に座っても大丈夫!快適な姿勢が大事
  • Step③
    背筋を伸ばし、目を軽く閉じる
  • Step④
    呼吸に耳を傾ける
  • Step⑤
    意識が逸れたら、呼吸にまた耳を傾ける。
    • 必要なだけ、なんども繰り返す。

順番に説明していきます。

Step①|静かな場所をつくる

静かな環境作りは1番大事な事だと思います。

それは、瞑想のひとつの目的として、自分との対話でより自分のことを知るためだからです。

とはいえわたしの場合、初めのうちはアシストが必要だったので、Youtubeの動画と一緒にスタートしました。

慣れてきたら、無音の部屋、またはリラックスできる効果音と共に瞑想をスタートしていくといいとおもいます。

Step②|ヨガマットの上にあぐらをかいて座る

わたしはヨガマットの上にあぐらで座っていますが、椅子に座っても大丈夫です。

重要なのは、快適なことと正しい姿勢をキープすることです。

わたしは、お尻の下にクッションをおいています。




マンドゥカのヨガマットは初心者に優しい作りで、マットにガイドのライン線が入っています。

瞑想と一緒にヨガも始めるには、マスト買いのヨガマットでしょう。

Step③|背中を真っ直ぐに保ち、目を軽く閉じる

背筋をまっすぐ伸ばすのは、深い呼吸をするためです。

肩の力を抜いて、目を軽く閉じます。

この時、半分目を開けた状態でも可。

自分に合った方を選びましょう。

Step④|呼吸に耳を傾ける

この時の呼吸は、腹式呼吸を意識しています。

呼吸を整えた後、8秒吐いて4秒吸のを繰り返します。

この時、右手を胸に置き、左手をお腹の上に軽くおくと、呼吸をより感じることができます。

もちろん、太ももの上に置いても大丈夫です。

快適な方法を自分で選びましょう。

Step⑤|意識が逸れたら、呼吸にまた耳を傾ける

今の自分と向き合うための瞑想。

ですが、わたしたちの脳はすぐいろいろなことを考えてしまいます。

大事なのは、意識が違う方向に向いていたら軌道修正してあげることです。

呼吸に耳を傾けるようにしましょう。

瞑想をガイドしてくれるおすすめの動画を2つ紹介します。

SHIHOさんがガイドしてくれる瞑想

モデルのSHIHOさんがガイドを務めてくれるこちらの動画。

美しいですね。

英語でのガイド|リラックス音楽と一緒に

英語でのガイドですが、リラックス効果が半端ないです。

そして再生回数も半端ないです。

15分程度を目標に設定してみる

わたしは最初5分の瞑想からスタートしました。

長く感じるんですけど、瞑想に入り始めた時に終わるような感覚があったんです。

物足りなさを感じたので、すこーしだけ長い15分に設定し直しました。

結論からいうと、わたしにはぴったりの長さでした。

今回、この記事を書くにあたって「15分瞑想」について調べてみると、ちゃんとした研究結果が出ていました。

オランダのユニバーシティカレッジフローニンゲンのクリストファー・メイ助教授によって証明されています。

15分間の瞑想には丸1日の休暇に匹敵するリフレッシュ効果がある。

また、幸福度、感情、注意力レベルが、瞑想中と同じ結果である。

Study: 15-minutes of meditation associated with similar effects as a day of vacation (psypost.org)



24時間の中のたった15分の瞑想で、1日休んだ効果を得られるのは凄いですよね。

忙しくて時間が取れない時こそ「15分瞑想」が役だってくるので、習慣化して損はないでしょう。

瞑想を始めた目的を明確にする

「瞑想はカラダに良い」

という理由だけで始めるのは、正直続かないと思います。

瞑想によって得られる効果は様々です。

ですが、どうして瞑想を続けるのか自分なりに理解しておくと3日坊主にならずに済みます。

ちなみに、わたしが始めた1番の理由は「集中力をつけるため」でした。

次の項目で詳しく、わたしが瞑想を続けて得た効果を紹介していきます。

集中力に関しては、こちらのヨガを始めて1年の効果で詳しく説明しています。

瞑想を続けた結果|わたしが得られた効果

瞑想でわたしが得られた効果
右手を胸に、左手をお腹に

わたしが、瞑想をするようになって約1年が過ぎました。 

1日に1回は必ず瞑想を行うようにしました。

朝、ヨガを始める前に15分の瞑想をするようにしています。

ヨガをしない日でも、瞑想だけは続けているのは、自分と向き合うためです。

本当にたくさんの効果を感じていますが、特にわたしがよかったと思う効果を5つ紹介させてください。

  1. 今を大事に生きるようになった
  2. 集中力が上がった
  3. 感情のコントロールができるようになった
  4. ストレスを抱えなくなった
  5. 人間関係が向上した

今を大事に生きるようになった

説明がすごく難しい。

今、この時間を素直に楽しめるようになりました。

将来に対しての不安があって、

オーストラリアでこのまま一生暮らすのか、

今の仕事でいいのか、

子どもは作らなくてほんとにいいのか、とか。

ほんといろいろわたしを悩ましてくれましたよ。

将来のことを考えると、知らない内にストレスになっていることがありますよね。

わたしは瞑想をするようになって、今を大事に生きることができるようになりました。

当たり前のことなんですが「今」があるから「将来」があるんですよね。

瞑想で自分と向き合うことでより一層、理解できたと思います。   

集中力が上がった

瞑想を始めたもともとの目標でした。

普段わたしたちは「マルチタスク」で生活しています。

マルチタスクとは、一緒にいろいろする「ながら作業」ことです。

たとえば、歯を磨きながらテレビを観るとか、料理をしながら洗い物をするとかです。

瞑想はマルチタスクではなく「シングルタスク」です。

たとえ、気が散っても呼吸だけに注意を向けます。

ほかのことは、一切考えないようにしないといけません。

瞑想を始めて思ったのは、ビックリするくらいすぐ気が散ります。

【意識が違う方向を向いていたら、呼吸に軌道修正する】

それを何度も繰り返すことで、集中力がついてきました。

感情のコントロールができるようになった

ストレスを抱えたり、自分に余裕がないと気持ちが不安定になりがちでした。

なんかイライラして他人に当たってしまったり、落ち込んだりを繰り返していました。

特に生理前!!

瞑想をするときに気を付けていたのは「深い呼吸」「腹式呼吸」

後から知ったんですが、腹式呼吸にはリラックス効果があるそうです。

瞑想をしていない時でも、腹式呼吸は常に意識しています。

そのおかげか、感情をコントロールできるようになり、昔と比べて穏やかになりました。

特に女性にヨガをおすすめする理由でもあります。

ストレスを抱えなくなった

瞑想は、ストレスを発散してくれる効果もありました。

将来に対しての不安を取り除くことができるから、というのもあります。

また、感情をコントロールできるからというのもあります。

ストレスと上手く向き合えることが、ストレス発散のコツだと思いました。

ちゃんと自分自身と向き合うと、どうやってストレスを解放したらいいか分かってきます。

瞑想15分続けてみてください。

人間関係が向上した

自分と向き合うことができるので、より深く自分自身のことが好きになります。

自分をもっと好きになると、相手にも優しくなれて、感謝の気持ちを伝えやすくなると思いました。

関係を構築していきたい人とのコミュニケーションが上手くいくようになりました。

相手の話を聴く余裕ができるからだと思います。

➤3つの「キク」についてみる

人間関係について悩んでいる人は、瞑想を始めてみるといいかもしれないです。

「慈悲の瞑想」を取り入れることで、好きな人と長く一緒にいるために必要な共感能力を鍛えることが出来ます。

➤慈悲の瞑想のやり方

瞑想を1年続けた結果|まとめ

瞑想を始めて約1年。

調べるといろいろなやり方が出てくると思います。

しかし、悩まないでください。

基本の瞑想はどれもほぼ一緒です。

基本の瞑想の仕方
  1. 静かな環境をつくる
  2. 座禅を組むか椅子に座る
  3. 背筋を伸ばして目を軽く閉じる
  4. 呼吸に耳を傾ける
  5. 意識が逸れたら、呼吸に耳を傾ける、を繰り返す。

わたしは、毎日15分間の瞑想をおすすめしています。

それは、15分の瞑想は1日の休暇で得られるリフレッシュと同じ効果があるから。

瞑想を始めた目的を明確にして、毎日15分、自分自身と向き合うことで効果をより実感できるはずです。

わたしが瞑想で得た効果5つ
  1. 今を大事に生きるようになった
  2. 集中力が上がった
  3. 感情のコントロールができるようになった
  4. ストレスを抱えなくなった
  5. 人間関係が向上した

ヨガのひとつでもある「瞑想」は、道具もなにもいりません。

身ひとつで始めることができます。

1日24時間の中のたった15分、時間を作るだけでたくさんの効果を実感できるはずです。

瞑想と一緒にヨガも始めてみましょう。

効果をより一層実感できると思います。


ブログ村に参加しています。

この記事が役にたったと思ったら「ポチっ」 と応援よろしくお願いします。

|ポチっと|

にほんブログ村 にほんブログ村へ

最後まで読んでくれてありがとうございました。

うーなでした。

タイトルとURLをコピーしました