【体験談】自分を変えたい人必見!ヨガと瞑想を1年続けて変わった7つのこと

変えたかった。 ヨガと瞑想を習慣にしたら 理想の自分に近づいた。モテたい

ヨガと瞑想を1年続けると体にどんな変化があるのか知りたい。

ヨガと瞑想を一緒に行うことで体に起こる変化が絶大なのを知っていますか?

筆者はもともと運動嫌いで、できることなら家から出たくない出不精でした。年を重ねるごとに考えていたのは、

このまま年を取って体力衰えていくのか?いつまでも若いままでいたいな

そう思ってはいたものの重い腰が上がらず先延ばしにしていたのですが、ヨガと瞑想を習慣にした結果、想像以上の効果がありました‼たとえば、

効果いろいろ
ヨガと瞑想を1年続けた効果
  • メリハリのあるボディ
  • PMSの改善
  • 冷え性の改善
  • 集中力があがった
  • ストレスが軽減した、など。

自己肯定感が上がってイライラすることが減ったので人間関係がうまくいくようになりました。故にモテます‼

この記事を読むと、ヨガと瞑想を1年続けたことで起こるからだの変化について知ることができます。

そして行動してみることで、理想のボディを手に入れ女性特有のPMSが緩和することができ、理想の自分を手に入れることができます。

ぜひ最後までごらんください。

ヨガで理想のプロポーション作り
ひとりで続けられない三日坊主のあなたには…

オンラインパーソナルヨガ「YOGATIVE~オンラインパーソナルヨガ~

  • ヨガなら外見・内面と心身共にどちらも磨くことができる‼
  • 肌荒れや便秘など女性特有の悩みも解決できる‼
  • 鍛えたい箇所がちゃんときたえられる‼
国際恋愛出会い方診断
  • 国内外での外国人と出会い方!
  • 後悔したくない!
  • 新しいことにチャレンジしたい!
Yes/No診断で分かる簡易テストでチェックしてみよう!!
⇩わたしはこんな人⇩

イラスト提供元 –https://marotime.me/

ヨガと瞑想をはじめたきっかけ

筆者がヨガと瞑想を始めたきっかけですが、意識が高かったからではありません。生まれつき運動オンチ・運動嫌いなので「運動」「エクササイズ」とは無縁でした。

新しい環境に移ってあり得ないくらい肌が荒れて、あり得ないくらい痩せてしまったんです。

新しい環境に慣れるために頑張りすぎたのか、ストレスになり食べても食べても太ることができなくなってしまいました。

どれくらい痩せたかというと、あばら骨が浮き出るほどでした。食べても食べても太らない、こんな恐怖は初めての経験でした。

カロリーの高い食事を摂っていたけど、どれも効果は無かったです

半ば諦めていたところ、当時働いていた職場の女ボスがスタイル抜群だったので相談してみました。

女ボスのスペック
  • ヨガの先生
  • 美魔女(当時40歳くらい)
  • 見た目は28~30歳くらい
  • 身長160センチくらい
  • タイ人

ヨガの先生‼引き締まった理想のボディが欲しいです‼

筋肉をつけるようなトレーニングをしたらいいよ‼

キンニク!!!ムキムキにならなくていいんだけどな。

トレーニングについての知識が全くなかったので「筋肉をつける=ムキムキになる」というイメージしかありませんでした。

ヨガの先生からは、しなやかな筋肉をつけるために必要なヨガのポーズ鍛える方法などアドバイスをもらいました。

当時、筆者が毎日続けていたのはプランクのポーズとヒップアップのためのポーズです。後ほど紹介しています。

時間にして毎日10分くらいでした。運動嫌いにしてはよくやりました‼(笑)

たまにさぼってましたが、約1,2ヵ月が経ったころ毎日続けていた効果が出てきました。

ビックリしました。あばらが見えなくなっただけではなく、うっすらとお腹に縦線が見えてる…‼筋肉が誕生していました。

腹筋
キンニク
体験談ヨガで腹筋できた
ビーチヨガをするビーチとわたし

諦めないで続けることができたのは、一人ではなかったからだと思います。

マインドフルネス瞑想を取り入れた

マインドフルネスとは「“今ここ”に意図的に意識を向け、価値判断をせず、ありのままに受け入れている状態」

(eonet.jp)

筆者が瞑想を取り入れるようになったのは、メンタリストDaiGoさんの本「究極のマインドフルネス」を読んで集中力をつけたかったからです。

ヨガの延長線上ではありませんでしたが、結果的にヨガと結びつきました。

日本で有名な瞑想は座禅ですよね。実は、座禅とヨガの瞑想は概念が全く違うものでした。

座禅とは
マインドフルネス瞑想とは
  • 心を無にするための瞑想
  • 心を無にせず、意識を傾けて観察するための瞑想

自分自身と向き合うマインドフルネス瞑想を取り入れたことで、身体の中までフレッシュすることができました。

マインドフルネス瞑想を始めて知ったのですが、ヨガは「ポーズ・呼吸・瞑想」で成り立っているそうです。

目を閉じて呼吸するだけなのに効果があるのか?

瞑想を取り入れたばかりのころは半信半疑でしたが、始めてすぐ実感することができました。

筆者が取り入れたマインドフルネス瞑想のやり方は後ほど紹介していますが、今すぐ見たいという人はこちらからジャンプできます。

マインドフルネス瞑想のやり方≫

ヨガと瞑想を始めて1年で得た効果一覧

瞑想でわたしが得られた効果

筆者がヨガと瞑想を始めて1年で得た効果はこちらの7つです。

ヨガで得た効果
瞑想で得た効果
  • バランス感覚がよくなった
  • 基礎体温の上昇
  • 疲れにくい体になった
  • 今を大事に生きるようになった
  • 集中力が上がった
  • 感情のコントロールができるようにな人間関係が向上した
  • ストレスを抱えなくなった

ひとつずつ紹介していきます。

バランス感覚が良くなりしなやかな体になった

ヨガを1年続けてバランス感覚がよくなりました。ヨガのポーズによってインナーマッスルが鍛えられたおかげです。

インナーマッスルを鍛えることで、筋肉ムキムッキボディにならず女性らしいしなやかな体になることができます。ほかにも、

  • 姿勢が正しくなる
  • メリハリのあるボディになる
  • 太りにくいからだになる、など

バランス感覚が良くなるだけでも上記のような効果が望めます。女性らしいしなやかなボディーを作るためにはバランス感覚は必要不可欠です。

基礎体温が上昇してPMSが緩和した

ヨガのポーズを続けていたおかげか基礎体温が上がりました。筆者の平熱は、もともと35度台と普通で低血圧でした。

朝が弱く生理前にはPMSがとても酷かったです。

ヨガと瞑想を始める前は、二度寝が普通でスッと起き上がれることはありませんでした。

しかし、ヨガと瞑想が習慣になってからは7時に起きていたのが5時~6時に自然と起きれるようになりました。

朝が強くなると思ってなかったから嬉しい効果だったのを覚えています‼

また、女性特有のPMSにも長い間悩まされていました。生理前のイライラや暴飲暴食、生理痛で動けないなど毎月のことなので諦め半分だったんですが緩和されました。ほかにも、

嬉しい効果‼
緩和したPMS
  • 生理前のイライラがほぼなくなった
  • 胸が張らなくなった
  • 生理痛が緩和された
  • 肌が荒れにくくなった
  • 憂鬱な気分になりにくくなった

筆者のようにPMSの症状がひどい人はヨガと瞑想を生活の中に取り入れてみてほしいです。

カラダが疲れにくくなった

ヨガと瞑想を1年続けていると身体が疲れにくくなりました。前述しましたが、筆者はとにかく運動を避けてきた人生なので体力がほぼ皆無でした。

今まで前日の疲れが残っていたのが、体力がついたことで疲れが翌朝まで響かないようになっていました。

朝早くおきれるようになったので寝つきも良くなりました。

夜もぐっすり眠れるようになり、朝全く起きれなかったのが今では朝活できるまでに成長できました。

眠るとき、ベッドの上で横になりながらできる腹式呼吸がスッと眠れるコツです。

今を大事に生きるようになった

説明がすごく難しいことなんですが、今のこの時間を素直に楽しめるようになりました。

将来に対しての不安があって、オーストラリアでこのまま一生暮らすのか、今の仕事でいいのか、子どもは作らなくてほんとにいいのか、とか。

ほんといろいろわたしを悩ましてくれましたよ。

将来のことを考えるのは楽しいことですが、考えすぎると逆にストレスになっていることがありますよね。

ヨガと瞑想が習慣になったことで「今のこの時にわたしができることをやろう」と、今を大事に生きることができるようになりました。

気づきにくいことですが「今」があるから「将来」があるということを知ることができました。

ヨガと瞑想で自分と向き合うことでより一層、理解できたことです。   

集中力が上がった

ヨガと瞑想が習慣になると、集中力が上がりました。

瞑想を始めた理由が集中力を上げるためだったので目標達成‼

普段わたしたちは「マルチタスク」の中で生活しています。マルチタスクとは、一緒にいろいろする「ながら作業」ことです。たとえば、

マルチタスクしてる?
生活の中のマルチタスク
  • 歯を磨きながら洗濯を回す
  • 料理をしながら洗い物をする
  • スマホを触りながらテレビを見る

ヨガの瞑想はマルチタスクを止めてひとつのことに集中します。これを「シングルタスク」といいます。

たとえ、気が散っても呼吸や五感に意識を傾けます。そうすることで、集中したい場面で威力を発揮してくれます。

【意識が違う方向を向いていたら、呼吸や五感意識を向けるように軌道修正する】

意識して何度も繰り返すことで、集中力がつき終わらせたい仕事を先延ばしすることなく、時間に余裕を持って終わることができるようになりました

感情をコントロールできるようになり人間関係が向上した

ヨガと瞑想を続けて感情をコントロールできるようになり人間関係についての悩みが減りました。

特に、生理前やストレスを抱えているときは自分に余裕がないので気持ちが不安定になり、なぜかイライラして大切な人に当たってしまい落ち込むというのを繰り返していました。

この時の自分が本当に大嫌いでした‼

瞑想をするときに気を付けていたのは「深い呼吸」腹式呼吸」です。腹式呼吸にはリラックス効果があるので瞑想をしていない時でも、腹式呼吸は常に意識しています。

そのおかげで、感情をコントロールできるようになり昔と比べて穏やかになりました。

ヨガと瞑想で自分と向き合うことができるので、より深く自分自身のことが好きになります。

自分のことを好きになって大事にしようとすると、他の人にも優しくなることができ感謝の気持ちが芽生えてきます。

その結果、関係を構築していきたい人とのコミュニケーションが上手くいくようになるので人間関係が良くなります。

人間関係の構築に悩んでいる人はぜひ世がと瞑想を取り入れてみてください。

こちらの記事では共感能力を鍛えることができる「慈悲の瞑想」についてまとめています。恋愛が長続きしない人はこちらの記事も合わせてご覧ください。

ストレスを抱えなくなった

ヨガと瞑想を1年続けて得た効果のひとつは、ストレスを抱えなくなりました。それには2つの理由がありました。

  1. 将来に対しての不安を取り除くことができるから
  2. 感情をコントロールできるから

この2つができるようになって生活が豊かになりました。

ヨガと瞑想を生活の中に取り入れることで、ストレスと上手く向き合うコツを掴むことができました。

自分自身と向き合うことで、自分にあったストレスの解放の仕方が分かるようになります。

ストレス発散は向き合うことで解消されます。

|現代に暮らすあなたに始めてほしい|
体験レッスンで悩みを相談できる‼

マインドフルネス瞑想の効果的なやり方

瞑想の効果的なやり方
英:Meditation

インターネットで瞑想の仕方で調べるといろいろなやり方が出てきますが、どれが正しくて、どれがだめか、ということではありません。

「自分に合ったやり方を見つける」ことが1番重要です。それは、瞑想は毎日続けてこそ効果が期待できるからです。無理していきなり、

よーし、毎日30分やるぞー‼

と決めた筆者は、3日も持つことができず10分ですら永遠に感じました。

これから瞑想を始めようかなー、と思ってる方へ筆者が提案する瞑想のやり方を紹介します。

  • 基本の瞑想のやり方でやってみる
  • 15分程度を目標に設定してみる
  • 瞑想を始めた目的を明確にする。

ひとつずつ紹介していきます。

基本の瞑想の仕方

基本の瞑想の仕方はこちらの5つのステップです。

基本の瞑想の仕方
  • Step①

    静かな場所をつくる
    • テレビは消す、スマホの電源を落とすなど
  • Step②
    ヨガマットにあぐらをかいて座る
    • 椅子に座っても大丈夫!快適な姿勢が大事
  • Step③
    背筋を伸ばし、目を軽く閉じる
  • Step④
    呼吸に耳を傾ける
  • Step⑤
    意識が逸れたら、呼吸にまた耳を傾ける。
    • 必要なだけ、なんども繰り返す。

順番に説明していきます。

Step①|静かな場所をつくる

静かな環境作りは重要です。それは、瞑想のひとつの目的として自分との対話でより自分のことを知るためだからです。

とはいえ筆者の場合、初めのうちはアシストが必要だったのでYoutubeの動画と一緒にスタートしました。

この項目の最後におすすめの瞑想をアシストしてくれる動画を2つ紹介しています。

慣れてきたら無音の部屋、またはリラックスできる効果音と共に瞑想をスタートしていくといいでよう。

Step②|ヨガマットの上にあぐらをかいて座る

筆者はヨガマットの上にあぐらで座っていますが椅子に座っても大丈夫です。ポイントは快適なことと正しい姿勢をキープすることです。

お尻の下にクッションをおいて快適に座れるようにしています。

ヨガマットは薄すぎると、体を痛めてしまうので少し厚みのあるものがおすすめです。

マンドゥカのヨガマットは厚さもちょうどよく、ガイドライン線が入っているのでひとりでヨガをしたい人にピッタリです。

Step③|背中を真っ直ぐに保ち、目を軽く閉じる

背筋をまっすぐ伸ばすのは深い呼吸をするためです。肩の力を抜いて目を軽く閉じます。

この時半分目を開けた状態でも大丈夫です。自分に合った方法を選んでください。

Step④|呼吸に耳を傾ける

この時の呼吸は腹式呼吸を意識しています。一度からだの中の空気を全て外に吐き切り呼吸を整えます。

そのあと「8秒吐いて4秒吸う」を数回繰り返します。この時右手を胸に置き左手をお腹の上に軽くおくと、呼吸をより感じることができます。

苦しければ秒数を減らしてくださいね。

Step⑤|意識が逸れたらまた耳を傾ける

最初は呼吸に意識を向けていますが、次にからだの目や鼻、口、耳などひとつずつ互換に意識を向けて観察していきます。

ですが、わたしたちの脳はすぐいろいろなことを考えてしまい、ひとつのことに集中するのはとても難しいです。

瞑想できない‼となるかもしれないですが、意識が別のほうへ向くことが普通です。

ポイントは、意識が違う方向に向いていたら軌道修正してあげることです。意識がそれたらまた呼吸に耳を傾けるというのを繰り返していきましょう。

筆者が活用していた瞑想をガイドしてくれるおすすめの動画を2つ紹介します。

SHIHOさんがガイドしてくれる瞑想

モデルのSHIHOさんがガイドを務めてくれるこちらの動画。美しいですね。

英語でのガイド|リラックス音楽と一緒に

英語でのガイドですがリラックス効果が半端ないです。そして再生回数も半端ないです。

15分程度を目標に設定してみる

筆者は最初5分の瞑想からスタートしました。長く感じたんですけど、瞑想に入り始めた時に終わるような感覚がありました。

物足りなさを感じたので、すこーしだけ長い15分に設定し直しました。結論からいうと、筆者にはぴったりの長さでした。

「15分瞑想の効果」について調べてみると、オランダのユニバーシティカレッジフローニンゲンのクリストファー・メイ助教授によって証明されています。

15分間の瞑想には丸1日の休暇に匹敵するリフレッシュ効果がある。また、幸福度、感情、注意力レベルが、瞑想中と同じ結果である。

Study: 15-minutes of meditation associated with similar effects as a day of vacation (psypost.org)



24時間の中のたった15分の瞑想で1日休んだ効果を得られるのは驚きですよね。忙しくて時間が取れない時こそ「15分瞑想」が役に立つので、習慣化して損はないでしょう。

瞑想を始めた目的を明確にする

「瞑想はカラダに良い」という理由だけで始めるのは正直続けることは難しいでしょう。

瞑想によって得られる効果は様々ですが、どうして瞑想を続けるのか自分なりに理解しておくと3日坊主にならずに済みます。

前述しましたが、ヨガや瞑想によって得られる効果を理解してどのようになりたいか目的を明確にしましょう。

筆者は、記憶力を上げたいために始めました‼

ヨガと瞑想の効果一覧までジャンプ≫

まとめ|ヨガと瞑想を1年続けると理想の自分になれて毎日が楽しい‼

ヨガと瞑想を生活の一部にすると驚くほどの効果を望めます。筆者が1年で得た7つの効果はこちらです。

ヨガで得た効果
瞑想で得た効果
  • バランス感覚がよくなった
  • 基礎体温の上昇
  • 疲れにくい体になった
  • 今を大事に生きるようになった
  • 集中力が上がった
  • 感情のコントロールができるようにな人間関係が向上した
  • ストレスを抱えなくなった

ヨガと瞑想を一緒に始めることで効果をより一層実感できるでしょう。ひとりで続けることが難しい人はオンラインでヨガのレッスンを受けることもできます。

間違ったやり方をして体を痛めては元も子もないですよね。

筆者もひとりでは確実に続けることができなかったです。

パーソナルトレーナーから基本のやり方を教えてもらうと、ひとりでも続けることができるので最初の1,2カ月だけオンラインでヨガを受講してみることをおすすめします。

初回は無料なので、やってみて自分に合わないと思ったらやらなければいいですね。ヨガと瞑想の効果をあなたにも体験して欲しいです。

この機会にぜひトライしてみてくださいね。

⇩効果を早く実感したいならパーソナルトレーナーとヨガ⇩
初回50分無料‼


ブログ村に参加しています。

この記事が役にたったと思ったら「ポチっ」 と応援よろしくお願いします。

|ポチっと|

にほんブログ村 にほんブログ村へ

最後まで読んでくれてありがとうございました。

うーなでした。

タイトルとURLをコピーしました